指揮者紹介


名誉指揮者


鈴木 隆(すずき たかし)

日本大学理工学部物理学科卒業。

日本大学管弦楽団で小林研一郎先生の指導を受け大きな影響を受ける。

その後、独学で指揮を学び現在アンサンブル荒川の指揮者。1954年東京生まれの東京育ち。

家族は妻と二人の息子と4匹の猫。好きな作曲家はマーラーとブルックナー。

夢はセラオケの皆さんとブルックナーの第8交響曲を演奏すること。

客演指揮者


横島 勝人 (よこしま かつと)

大阪・高槻市出身。大阪音楽大学在学中より、高槻市音楽団などで指揮活動を展開し、1990年から7年間に亘ってウィーンへ留学。98年にキリル・コンドラシン国際指揮者コンクールでベスト8に選ばれ、翌99年、ウィーン楽友協会ホールでのトーンキュンストラー交響楽団との演奏会において、ベートーヴェン交響曲第9番を指揮してウィーンデビューを果たした。2000年に小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅠ、さらにⅡ、Ⅲ、で、アシスタント及び合唱指揮を務める。06年には、ウィーンとプラハでモーツァルト生誕250年「レクイエム・ガラ」特別演奏会でタクトを振り、絶賛を博した。09年、11年、15年、ベルリン、プラハ、ローマの「国境なき合唱団&ベルリン・シンフォニエッタ」チャリティー公演等で、ベートーヴェン「第九」を指揮している。

 ダイナミックさと繊細さを併せ持つ横島の指揮は、聴く者を、音楽そのものが持つ深い感動へと導く。温厚な人柄と情熱的かつ的確な指示によって、奏者の力量を引き出し、やがて聴衆と渾然一体化するその音楽は、多くの奏者・聴衆から熱い支持を得ている。

 現在、横島は、地域から普遍的・国際的な音楽を発信する活動にも力を注いでおり、08年には、松本市で、モーツァルトの交響曲全52曲を10年かけて演奏する「モーツァルト交響曲・全曲演奏会」の芸術監督就任。さらに温泉地・宇奈月の「湯の街ふれあい音楽祭モーツァルト@宇奈月」の芸術監督にも就任し、さまざまなかたちで音楽を楽しむ新しい音楽祭を目指している。理想は、ウィーンのように、地域全体が音楽を支え、楽しむ場となること。また、若手を含む音楽家の自立および団結を目的とする組織を立ち上げ、活動を展開中である。

http://k-yokoshima.wix.com/katsuto-takt-club

 

文/高橋彩子

 

【これまでに指揮したオーケストラ】

・ハンガリー国立セゲド交響楽団  ・マーフ・ブダペスト交響楽団  ・オランダ放送管弦楽団

・新日本フィルハーモニー交響楽団  ・東京シティフィルハーモニック 管弦楽団

・大阪センチェリー交響楽団  ・岡山フィルハーモニック管弦楽団  ・広島交響楽団

・関西フィルハーモニー管弦楽団  ・京都市交響楽団  ・奈良フィルハーモニー管弦楽団

・東京佼成ウィンドオーケストラ  ・大阪市音楽団 他


粂原 裕介 (くめはら ゆうすけ)

武蔵野音楽大学、同大学院で声楽を専攻した後、東京音楽大学指揮科を卒業。

ミラノ・ジュゼッペヴェルディ音楽院で学ぶ。

指揮法を広上 淳一、汐澤安彦、時任康文、北原幸男、Sergio Oliva、Donato Renzetti、Vittorio Parisiの各氏に師事。

福井直秋記念奨学金、明治安田生命クオリティオブライフ奨学金受賞。

平成29年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。第2回黒海オペラ指揮者コンクール第2位。

2013年イタリア、オルヴィエートのマンチネッリ歌劇場『フィガロの結婚』を指揮してイタリアデビュー。

2017年、ルーマニア国立歌劇場(コンスタンツァ)でヴェルディ『リゴレット』を指揮してデビュー。

2017年5月にミラノのオーケストラ、ポメリッジムジカーリ管弦楽団主催の指揮者講習会で団員投票1位を獲得した後、 数々のコンサートを共演、同団の2018~19年度シーズン定期演奏会に客演指揮者として登壇。

日本では2018年9月にオペラノヴェッラ主催『愛の妙薬』でオペラデビューを果たす。

 

声楽作品を得意としながら、管弦楽作品のレパートリーも広げている。

トレーナー紹介


弦楽器トレーナー(ヴァイオリン・ヴィオラ)


山下 未歩(やました みほ)

4歳からヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。同大学研究科、桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。

第8回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。1997年、ボードイン・サマーミュージックフェスティバル(アメリカ)に参加。1999年、サンタ・バーバラで行われたIIYMのミュージックフェスティバル(アメリカ)に参加。2001年、2002年、2004年にはMMCKミュージック・マスターズ・コースinかずさにヴィオラで参加。2003年、第24回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに室内楽奨学生として参加。

これまでにヴァイオリンを古谷いづみ、小林健次各氏に、室内楽を藤井一興、小澤英世、山崎伸子、鈴木良昭、パノハ弦楽四重奏団各氏に師事。

現在はヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソロ、室内楽、オーケストラなど幅広く活動すると共に、個人・アマチュアオーケストラなどの後進の指導にもあたっている。

管楽器トレーナー(フルート)


伊藤 瑞葉(いとう みずは)

神奈川県出身。尚美ミュージックカレッジ専門学校卒業。同校コンセルヴァトアールディプロマ科修了。

これまでにフルートを林英嗣、宮崎由美香の各氏に、室内楽を野崎和宏、太田茂、磯部周平の各氏に師事。

第18回ヤマハ管楽器新人演奏会 木管楽器部門、第41回フルートデビューリサイタル、尚美ミュージックカレッジ主催「コンチェルトの夕べ2014」にソリストとして出演。

中学、高校の部活動指導、ソロやアンサンブルなど幅広く活動中。

管楽器トレーナー(オーボエ)


堀子 孝英(ほりこ たかひで)

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。修士論文「後期バロック室内楽の演奏法研究」。平成14年度武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生。

大友直人、アラン・ギルバート両音楽監督による「ミュージック・マスターズ・コース in かずさ2008」オーディション合格、同講習会参加。

2015年、藤田淳平指揮・アートファミリア室内管弦楽団公演にてW.A.モーツァルト作曲・オーボエ協奏曲のソリストをつとめる。

2013年〜2016年インド交響楽団(Symphony orchestra of India)にてオーボエ・イングリッシュホルン契約団員をつとめ、オマーン・UAE・スイスへのツアーを含む7シーズンに参加。

C.デュトワ、M.ブラビンス、O.デュメイ、M.J.ピリスらの著名な指揮者、ソリストと共演する。

「タブラの神様」ザキール・フセインが作曲、ソリストをつとめたタブラ協奏曲「Peshkar」の初演に参加。

2015年2月のシーズンではY.シモノフ指揮、G.ヴェルディ作曲「レクイエム」のインド初演に参加。

2017年、第6回能代オペラ音楽祭において、首席オーボエ奏者をつとめる。

 

木管五重奏団 「Ensemble AQUA」団員。

船橋オーボエ教室、船橋オーボエリード工房代表。クライス音楽事務所所属。

「東京セラフィックオーケストラ」管楽器トレーナー。

東洋英和女学院大学オーケストラ部の公演、礼拝演奏にて指揮者をつとめる。

オーボエを青山聖樹、木原聡子、姫野徹、吉成行蔵、ヨーゼフ・キシュの各氏に、室内楽を磯部周平、岡崎耕治の各氏に師事。

バロックから古典の音楽をこよなく愛し、演奏活動を行う。

 

ブログ「オーボエ吹きの日記帳」

http://ameblo.jp/horihorioboe-ramm/

管楽器トレーナー(クラリネット)


佐藤 義人(さとう よしひと)

神奈川県出身。法政大学第二高等学校を経て、武蔵野音楽大学を卒業。

クラリネットを船木喜行、十亀正司の各氏に、室内楽を岡崎耕治氏に師事。ローマ歌劇場バスクラリネット奏者サウロ・ベルティ氏のマスタークラスを受講。

第九回全日本管打楽器ソロコンテスト優秀賞。第十回日本クラリネットアンサンブルコンクールでグランプリを受賞。

吹奏楽やオーケストラのエキストラ、幼稚園、福祉施設での依頼演奏、レコーディングなどの演奏活動の傍ら、学校の吹奏楽部や一般楽団のクラリネット講師、合奏講師としても活動。

現在、芸劇ウィンドオーケストラ団員、ヤマハミュージックジャパンインストラクター。

管楽器トレーナー(ホルン)


齋藤 麻衣(さいとう まい)

千葉県柏市出身。

9歳よりホルンを始める。

千葉県立幕張総合高等学校、武蔵野音楽大学を卒業。

同大学卒業演奏会、選抜学生によるコンサートに2012年〜2014年の3年連続で出演。また在学中、管弦楽団・ウインドアンサンブルのメンバーに選抜され、地方・東京公演に参加する。

日本ホルン協会2011年ジュニアソロホルンコンクールカテゴリー2部門第2位。

これまでにホルンを丸山勉氏に、室内楽を井上順平、佛坂咲千生の両氏に師事。

フィリップ・マイヤーズ、ジョナサン・ハミル、ブルーノ・シュナイダー、エリック・テルヴィリガーの各氏のマスタークラスを受講。